交通事故による慰謝料の相場について

交通事故による慰謝料の相場について

慰謝料とは、交通事故で被害者が負った精神的・肉体的な苦痛をつぐなうために充てられる金銭のことをいいます。交通事故では一般に加害者・被害者双方の不注意によって起きることが多く、被害者にも過失がある場合には、その過失の分だけ慰謝料は減額されます。 被害者の苦痛というのは人それぞれに感じ方が異なるものですが、何らかの基準がなければ混乱してしまうため、この慰謝料には客観的な相場と呼べるような、いくつかの基準が設けられています。 例えば、ドライバーが全員加入する自賠責保険では、慰謝料を1日あたり4,200円の定額としており、これに入院・通院に要した日数などの治療日数を掛けて金額を計算します。 ほかに各損害保険会社が定めている内部基準がありますが、公開はされておらず、自賠責保険よりも高額に見積もるのが相場といわれています。 さらに、裁判の際に弁護士が用いる基準もあります。これは日弁連などの団体が判例などを元に冊子に取りまとめた一覧表で、入院慰謝料と通院慰謝料をあわせたものとなります。さきの自賠責基準や内部基準よりも相当高額になっています。

慰謝料請求は好きなだけして良い

事故やトラブルに巻き込まれたときには、慰謝料請求によって加害者に対して損害を請求することが出来ます。
実は、この請求に関しては法律的な上限額が存在しません。
いくらでも請求しても良いのです。
そもそも、上限が存在するのは損害賠償であって慰謝料請求ではないということを知っておかなくてはいけません。
損害賠償というのは、実際に出た物的損害に対して賠償をすることを言います。
これは弁償とほとんど同じ意味で、例えば交通事故によって自動車が大破してしまったときには、事故を起こす前の綺麗な状態に戻すことが出来ればそれで賠償は終わりということになります。
そこから付加価値的にお金を請求することは出来ません。
反対に、慰謝料と言うのは被害者自身が受けた精神的な損害の賠償なのです。
事故やトラブルによって生じる個人の精神的なダメージやそれに伴う肉体への損害は、状況によって大きく異なります。
そのため、この請求に関しては上限額を決めることが出来ないのです。
もちろん、それぞれの案件によって相場は存在します。
しかし、だからと言ってその相場に従わなくてはいけない法律的な義務は存在しません。
例えば、交通事故のような場合には加害者ではなく保険会社の人間と話し合いをしなくてはいけなくなりますが、保険会社が相場を提示して示談をしようとしても気に入らないのならばそれを反故にして訴訟をしても全く構わないのです。
被害者にはそれだけの権利があるということをきちんと知っておかなくてはいけません。

おすすめWEBサイト 5選

大田区の結婚相談所
http://www.bridal-oranger.jp/
生地 通販
http://store.shopping.yahoo.co.jp/nuno1000netshop/
東京のケータリングサービス
http://www.c-tokyo.com/
福岡エリアの太陽光発電ならおまかせ
http://www.yokohamah.jp/
デイリーズを安く買うなら
http://www.web-lens.com/

2015/8/4 更新